ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

投資雑感

投資マルチ商法に引っかかる大学生を責めることはできない~金融教育の重要性を再認識~

投稿日:

ゆーたんです。

今朝、毎日新聞の記事で、投資マルチ商法に引っかかる大学生が相次いでいることを知りました。投資用USBの話は以前にも見かけましたが、ここまで実態が詳しく書かれているものを読むのは初めてだったので、じっくりと読んでしまいました。

もちろん、問題なのはこうした商品を販売する会社には違いないのですが、もしかしたら「こんなのに引っかかるほうが悪いんじゃない?」「自分は引っかからないよ」って思う人もいるかもしれません。

確かに今の自分であれば「いくらなんでも怪しすぎる」と思い、手を出すことはないと断言できます。でも、「昔の自分だったら?」「大学生の頃の自分だったら?」、キッパリと「NO!」と断ることができたかどうか…正直自信がありません。何より当時から「働きたくないなあ、遊んで暮らしたいなあ」と夢見ていた私にとって、このような話はとても魅力的に映るでしょうから💦

それに、以前記事に書いたように、「勝率99%」「人生を豊かにする」ことをうたったFXの情報商材を買って大損した経験もあるので、他人事のようには思えませんでした。今日はこの件について書きますね。

自分の大学生時代を振り返ってみて

Twitter界隈ですと、当たり前のようにインデックス投資をしていたり、資産形成に励んでいたりという大学生投資家の方々も多くいらっしゃって、本当に凄いなあ…と思うのですが、このような大学生は全体で見ればかなりのレアケースに属すると思います。

今でこそ、こうして投資ブログを書いている私ですが、大学生の頃といえば、投資に関する知識など全くない状態でした。株?それって危なくない?」という典型的な「投資って何だか怖い」という人間でした💦

「投資って何だか怖い」という認識があれば、こうした詐欺には引っかからないように思いますが、私はそうとは限らないと思っています。その認識の背景には、かつての私のように「投資に関する知識が全くない」というケースも少なくないからです。

例えば、投資に関する知識、具体的には、どんな金融商品があるのか、そして過去のリターンはどうだったのか、価格の振れ幅(リスク)はどのくらいか、単利と複利の違いなどについて全く知識がなければ、1年間で投資額の200%の利益が出る」というのが、いかに非現実的なものであるかもわからないからです。

もっとも複利の知識があれば、この投資手法がいかに非現実的なものであるかが、すぐにわかります。

10万円を投資すれば翌年には20万の利益が出て30万になり、その30万円を元手に投資すれば翌年には60万の利益が出て90万になり、…というサイクルを繰り返していくと、10万円が5年間で2,430万円になります

世界的な大富豪であるバフエットがCEOを務めるバークシャー・ハサウェイの年率リターン(1965-2018)でもそのリターンは+20.5%です。いかに+200%が異常な数値かが分かると思います。



何よりも大切なのは金融教育

こうした被害が後を絶たないのは、個人的には、学生時代に、金融教育をほとんど受けていないことが原因にあると思っています。

中学校や高校の教科書では、学習指導要領を見る限りでは、金融の役割や日本銀行の役割などを学習するようですが、資産形成・人生設計に関する内容は扱いが小さいです。現状ではほとんど学習しないという学校も少なくないのではないかと思います💦

そうした意味でも、以前に記事を書きましたが、2022年の新学習指導要領で、資産形成・資産運用に関する記述が増え、授業として行われるようになることは歓迎すべきことです。

もちろんこれは、高校生のうちから自助努力による資産形成について考えてほしい(公的年金だけではすべてを賄えない)というのもあるでしょうが、2022年から成人年齢が18歳に引き下げられ、18歳のうちから保護者の同意なしに契約ができるようになることで、高校3年生や大学1・2年生をターゲットとした、お金関係のトラブルも増えるのではないかという懸念に対処するという意味もあるのだろうと思います。

あとがき

人々は誰しもがみな「幸せに生きたい」「豊かに暮らしたい」と願っていることと思います。しかし、現代社会ではそのための手段として、どうしても「お金」が必要になります。

だからこそ、「お金もうけに絡んだ怪しい話」というのは、今後も形を変えて残り続けるでしょう。

以下の調査にもある通り、新成人の多くは、日本の未来に対して悲観的です(近年はやや改善傾向ですが)。

年金だってもらえるかどうかわからない」「いつまでも働かなくちゃいけない」「でも、もう終身雇用は崩壊していて自らスキルを身につけないと生き残れない」という世の中では、新成人が不安に思うのも仕方ないのかもしれません。

今回の事件はそうした不安のすきをうまく突いたものといえ、何とも歯がゆい思いがします。

投資といってもその手法は星の数ほどあります。そのなかでも、株式投資はすぐにお金持ちになることは難しくても、時間をかければ、世界経済の成長とともに、自らも成長の果実を株価上昇や配当金という形で受け取ることができるものだと思っています。

一個人で運営するブログではありますが、投資の「王道」ともいうべき株式投資という資産形成方法が、より多くの人の目に触れてくれることを信じて、これからもブログを書き続けていきたいと思っています✨

この記事をシェアする♪

-投資雑感

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.