ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

投資雑感

コロナウイルスが蔓延するなかでも、私が株式に強気であり続ける、その理由

投稿日:

ゆーたんです。

コロナウイルスが世界経済をクラッシュさせるかもしれない💦」2月末に抱いた私の不安は、皮肉にも現実となりつつあります。

欧米を中心に感染者数が急激に増え続け、いまだ収束の気配は見えません。世界はコロナウイルスの恐怖に包まれ、社会の分断が起こっているようにみえます。

もしかしたら、こんな不確実性の高い状況で、株式を購入するなんて「正気の沙汰ではない」と考える人もいるかもしれません。しかし、私は引き続き株式を全力で買っていくという方針は変わりません。

「保有株を一旦売って、買い戻す」ことの難しさ

これだけ株式市場が急速に下落しているので、買い増ししすぎて現金余力が少ない、ほとんどないという人は少なからずいると思いますし、保有株は含み損を抱えている人がほとんどだと思います。

コロナウイルスの収束がまだまだ見えず、株価も下げ止まりの気配を見せていないことから、含み損を確定させて、一旦株式を現金化し、「安くなったら買い戻そう」と考えている投資家さんもいらっしゃるかもしれません。

ただ、私も実際に一度経験してみて痛感しましたが、安値で買い戻すことは「タイミングを見計らって売買する」ことに他ならず、ましてはこれだけボラティリティが高い相場においては、ギャンブル性の高い投資手法です。

結果としてその選択が功を奏すことだってあるでしょう。ただ、一度成功してしまうと、逆にその成功体験が仇となります。「まだまだ株は下がる」と見込んで、株を売ったにもかかわらず、ズルズルと上昇していってしまい、結果的により高値で株式を買い戻すといった失敗にもつながりかねません💦

もちろんタイミング売買で大きな利益をあげている投資家さんも多数いらっしゃるので、その投資手法自体を否定するつもりはありません。ただ、リスクの高い投資手法であることは確かだと思います。

減配は覚悟してますが、心配はしていません

私は高配当株投資を主軸にすえています。高配当株投資は、何かと批判されることも多いですが、資産額以外にも、配当金受取額という別の「軸」を持つことで、何とか今回の暴落でも、それほど精神を乱されずに投資を続けることができています。

とはいえ、「いくら資産額は気にしないといっても、配当だって削減されるんじゃないの?」と考える人もいることと思います。

コロナウイルスのパンデミックを受けて、ボーイング、デルタ航空、フォード、メーシーズ、ノードストロームなど、S&P 500構成企業のなかでも、配当の一時停止を発表する企業が出始めました。

今はまだ、景気変動の影響を大きく受ける一般消費財・資本財セクターの銘柄が中心ですが、今後感染拡大が続けば、他セクターでも、配当の一時停止を発表する企業が出てくることと思います。

例えば、私の保有株の一つ、通信サービスのAT&T(T)は、自社株買い計画の中止を発表していて、今回のパンデミックが業績に重大な影響をもたらす可能性を警告しています。

確かに、テレワークの普及などは、業績にプラスの効果をもたらすと思いますが、一方で、スポーツ中継等がなくなることは、有料衛星放送サービスの業績にマイナスの影響をもたらすことが懸念されています。配当は支払ってくれるだろうと期待していますが、こればかりは何ともいえません。

そして、コロナウイルスの感染拡大が4月に入り収束に向かったとしても、経済活動が正常化するには時間がかかりそうです。S&P 500構成企業が支払う配当総額は、2008→09年に約21%減少しましたが、2019→20年も前年比で減少となる可能性がかなり高まってきたように思います。

もちろん、私もある程度の配当削減は覚悟しています。しかし、一時的に減配となったとしても、コロナウイルスの感染拡大が収束すれば、世界経済の成長に伴って、S&P 500構成企業もより多くの配当を支払うようになることが期待されます。

保有株のなかでも減配する銘柄も出てくることは半ば覚悟していますが、今回のパンデミックはいわば非常事態です。かりに保有株が減配したからといってもすぐに見放すようなことはせず、自分の中で描いたストーリーが大きく崩れない限りは、辛抱強く持ち続けようと思っています。

株価のさらなる下落を恐れない。その理由は?

欧米で相次ぐ都市封鎖など、1~2か月前には想像もしなかった出来事が、今、現実として目の前に起こっています。この状態で、今まで通りの経済活動に戻ることを想像しろというのは、到底無理な話かもしれません。

だからといって、1~2年後、ましてや5~10年後も今のような状態が続いているとは到底思えません。

もし、そんな状態が続いていたとしたら、世界は「人口の大多数が感染し、数百~数千万人が亡くなる」「有効な治療薬が存在しない」といった惨状になっていることと思います。

そんな状態が続けば、株価も、世界恐慌並みの下落率(89%)を記録することになるでしょうが、そもそもそんな状況では、自分の命自体が危うい状況であり、おそらく仕事を続けていくことは困難、ましては投資どころではないでしょう。

もし、私がセミリタイア間近であれば、「現金比率を高める」「債券を保有する」という選択肢もあるのでしょうが、残念ながら、私は資産形成途中の身であり、現実問題、まだまだ働かなくては生きてはいけません。最低限の目標として掲げている、配当金150万円には遠く及びません。

だからこそ、私はリスクを負ってまで、将来的な配当金の最大化を目指して投資を続けています。1〜2年スパンでの回復は厳しいかもしれませんが、5〜10年スパンで見たときに、不況期での投資が報われ、大きく花が開く日が来る、結果的にセミリタイアも早まると信じているからです。

投資スタイルは色々あります。今は無理して買いを入れる局面ではないことも確かです。それでも、底を正確にあてることが難しい以上、私は、1日でも早いセミリタイアを目指して、とにかく全力で買い向かって行こうと思っています✨

この記事をシェアする♪

-投資雑感

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.