ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指します♪

売買記録・投資判断 配当金

2022年4月の買付・配当金状況♪

投稿日:

ゆーたんです♪

2022年4月の買付・配当金状況をまとめました✨

2022年4月の買付状況♪


(Featured image by:Shutterstock)

今月は日本株のソフトバンクを4月8日、T(AT&T)からスピンオフされたWBD(ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリー)を4月14日に売却しています。また、確定申告の還付金もありました。その関係で購入株数自体は多いですが、実際に投資に回せた額は前月と比較すると少ないです💦

購入銘柄 購入日付 購入株数 購入単価
LCII 4/7 5株 $101.9
QCOM 4/7 5株 $140.26
MFC 4/8 20株 $21.28
QCOM 4/8 5株 $139.22
BBY 4/8 5株 $90.23
CMI 4/8 2株 $196.55
LOW 4/8 2株 $202.02
CMI 4/14 4株 $195.56
LOW 4/20 1株 $208.67
LOW 4/22 1株 $205.12
LOW 4/25 1株 $197.37
BBY 4/25 5株 $90.99
UL 4/25 3株 $46.28
UL 4/29 2株 $46.90

※購入単価は手数料・税金を含んだ額です。

カナダの生命保険会社であるMFC(マニュライフ)、日用品・食品メーカーのUL(ユニリーバ)2月と3月も買い増した銘柄ですLCII(LCIインダストリーズ)は1月と3月に買い増しを行っています。ディーゼルエンジンなどを手がけるCMI(カミンズ)と家電量販店BBY(ベストバイ)は3月に買い増しています

※リンク先は当時の買付状況記事に飛びます。ULは銘柄分析記事に飛びます。

以下、1〜3月に購入していなかった銘柄について、簡単に紹介しますね(配当利回りは4/28時点のデータです)。

QCOM(クアルコム)

アメリカの情報技術(半導体)セクターに属する、無線通信技術のリーディングカンパニーです。

スマートフォンにはクアルコムの技術が数多く使用されていて、事業の中心はスマートフォンに関わるものとなっています。近年では、自動車やIoT(さまざまなモノがインターネットにつながるしくみ)事業でも収益を伸ばしてきていますね✨

半導体セクターは事業内容の理解が難しいことと、関連技術がすぐに陳腐化してしまうイメージを(個人的には)持っていて、あまり投資対象にはしてきませんでした。AVGO(ブロードコム)を購入したのも、事業内容というよりは、バリュエーション(低いPERと高いEPS成長率)と配当利回りから判断してのことでした。

とはいえ、情報化社会が進展していく中で、その情報化社会を支える半導体産業に全く投資しないことも、それはそれでリスクと考え、半導体セクターへの投資を考えるようになりました。そこで、新たに選んだのがQCOM(クアルコム)です。

配当利回りは2.02%とやや控えめですが(第1四半期の決算がで大きく上がりましたね…!)、配当を支払うようになった2003年以降、連続増配の実績があります。業績が低迷していた2017〜19年の間も配当を増やし続けた実績もあり、株主還元意欲も高いです。

そして、2022年予想PERも11倍台であり、バリュエーション的にも安価になっています。Appleによる技術代替リスク(クアルコムは5G対応iPhoneで大きく収益を伸ばしています)はありますが、自動車やIoT事業が新たな成長の柱となってくれることを期待しています✨

その他、クアルコムより高配当の半導体セクターとして、INTC(インテル)やTXN(テキサス・インスツルメンツ)も検討しました。

INTCは配当利回り3.11%ですが、2021年3月以降、株価が下落トレンドであり、EPSもあまり成長していないことが気がかりでした。このまま株価が低迷すれば、高配当株ETFのSPYDに組み込まれる可能性もあるので、見送ることにしました。

TXNは配当利回り2.61%ですが、2022年予想PERが19倍台でバリュエーションがクアルコムよりも高く、見送ることにしました。



LOW(ロウズ)

アメリカの大手ホームセンターチェーンで、2021年の収益は963億ドルでホームセンターチェーンでは2番手です。ちなみに1番手はホームデポ(ティッカー:HD)でその収益は1,512億ドルなので、だいたい3分の2弱の規模ですね。

2021年の夏のボーナスに新規購入してから、久々の買い増しとなります。

配当利回りは1.56%で本来ならば投資対象外の水準ではありますが、59年連続増配の記録を持つ配当王であり、2021年の増配率も33.3%、直近5年の増配率も18.0%と強烈な増配率が魅力です。

ライバルのHD(ホームデポ)と悩みましたが、2023年予想PERが14倍台(HDは18倍台)と割安で、さらに直近5年のEPS成長率(2018〜23)もLOWは25.1%(HDは16.6%)とバリュエーションが割安と判断して、LOWを選択しました。

確かに配当利回りだけでみれば、ライバルのHD(ホームデポ)が2.52%と高いのですが、HDは2月に増配したばかりで、LOW(ロウズ)の増配は5月に控えているので、多少差は詰まると考えています(個人的には20%前後の増配を期待しています)。

直近5年のEPS成長率は、コロナ禍でDIYの需要が増えたことを踏まえた数値と思われ、今後もこれだけのスピードでEPSが成長するとは考えていませんが、アメリカは人口増加国であり、DIYの文化が脈々と息づいていることから、引き続き需要は伸びていくだろうと考えています。

先ほどHDはバリュエーションがLOWと比較して割高と書きましたが、HDも投資対象としては魅力的に感じています。ホームセンターチェーンでシェア1位としての強み(2位のLOWの1.6倍!)、S&P信用格付けの高さ(Aランク)を考えると、バリュエーションが割高になるのも納得できるからです。

1株あたりの単価が高く、なかなか買いにくいのですが、引き続き300ドル程度の株価で推移するようであれば、買いを検討したいです。

4月の配当金収入♪

ティッカー 税引前($) 税引後($) 税引後(円)
ARCC 225.00 161.42 19,563
PM 62.51 62.20 7,750
BNS 46.71 31.65 4,046
BCE 43.71 29.62 3,742
MRK 41.40 29.72 3,649
CAH 39.26 28.17 3,559
AVGO 36.90 26.48 3,209
PEP 32.25 23.14 2,804
CSCO 30.40 21.82 2,789
KMB 23.20 16.66 2,025
BEPC 22.40 15.20 1,842
MSM 18.75 13.47 1,706
MDT 12.60 7.54 963
CMCSA 8.10 5.82 744
合計 643.19 472.91 58,391

2022年4月の配当金は税引後で$472.91、日本円ベースでは58,391円となりました。

昨年の4月の配当金が$319.19でしたから、+48.2%の伸びです(*^^*)

配当金はあまり口座にプールすることはなくて、ある程度貯まるとすぐに株式を購入してしまうのですが、こうして数値にしてみると、給与以外に月6万円の収入が得られるというのはとても大きいですね✨



5月の投資方針♪


(Featured image by:Shutterstock)

5月も、4月と同程度の投資金額になりそうで、値動きを見極めながらの投資になりそうです。現時点では、以下の銘柄を検討しています。

・MFC(マニュライフ)
・AAPL(アップル)
・MSFT(マイクロソフト)
・AVGO(ブロードコム)
・QCOM(クアルコム)
・MDT(メドトロニック)
・UL(ユニリーバ)
・CMCSA(コムキャスト)

ポジションサイズの関係上、このリストには入っていませんが、大手通信会社のVZ(ベライゾン)もとても魅力的だと思います。

金融セクターがここに来てやや値を下げています。ポジションサイズの関係でMFCを挙げましたが、カナダの銀行のTDBNSを買ってもいいかなと思っていますし、資産運用会社のBLK(ブラックロック)も配当利回り3%を超えてきています(ちょっと1株あたりの単価が高くて買いにくいですが)。

情報技術セクターのうち、AAPLMSFTの買い意欲は強いですが、資金との兼ね合いもあり、現実には夏のボーナスまで買えないと思われます。AAPLが160ドル以下、MSFTが270ドル以下で推移しているようなら、少額買うかもしれません。

AVGOは9株と半端な数字なので、キリのいい数字(10株)にしたいですね。買う場合は、配当利回り3%の水準(546ドル)を待ちたいと思います。QCOMは引き続き145ドル以下で買い意欲です。

ヘルスケアセクターでは、年末から買い増しているMDTに着目しています。年初来こそプラスで推移していますが、2021年9月につけた高値からは依然として20%以上下落しています。110ドルを下回る水準では買い目線でいます。

生活必需品セクターでは、やはりULでしょうか。直近の株価下落は、ユーロ安の影響もあると思われますが(ULはユーロで業績を発表します)、ユーロ安は一方でULの(見た目の)企業収益を押し上げる要因にもなるため、引き続き買い目線です。もっとも、かなりポジションを増やしているので、5月の買い増しで一旦打ち止めとする予定です(ただし40ドル台前半まで落ちてくるようなら、買い増しする用意はあります)。

資本財セクターのCMIは、4月の買い増しで十分ポジションを増やしたので、当面は見送りです。一般消費財セクターのLOW、BBY、LCIIについても、一定のポジションを構築したため、ひとまずは様子見の姿勢です。

通信サービスセクターではCMCSAが第1四半期の決算は良かったのですが、主力のブロードバンド事業(高速・大容量インターネット通信)の加入者数が伸び悩んだことから大きく売られています。配当利回りは2.5%を突破してきました。現在の水準ならもう少し買い増したいですね。

1ドル=130円を突破し、円の価値は年初来より13%も低下しています。すなわち、米国株も円建てでみれば13%も値上がりしていることになるわけで…幸いにして、私自身も前年度より給与(基本給)は上昇しましたが、13%の値上がりの前には雀の涙です。

為替の動き自体は私にはどうすることもできませんが、対応策を取ることはできます。どこまで円安が進むかわからない恐怖があるからこそ、私は日本円で給与が入ったら即ドル転→投資のサイクルを愚直に繰り返していきます✨

この記事をシェアする♪

-売買記録・投資判断, 配当金

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.