ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

投資スタイル

FXは基本的にやめたほうがいいと考える理由〜失敗談つきです💦〜

投稿日:

ゆーたんです♪

私がFX (外国為替証拠金取引)で400万円を超える損失を出したことは既にプロフィールにも書いている通りです。

FXで大負けした私が「FXなんてやめておいたほうがいい」といってもただの負け惜しみしかに聞こえないかもしれません💧

でも、大負けした私だからこそ、それなりにFXを触った身だからこそわかることもあります。少額でやる分にはよいですが、リスクコントロールに失敗すると、あっという間に数百万が吹っ飛びます

これ以上自分のように損失を出す人を増やしたくない」という思いから、記事を書いてみました✨

FXはハイリスク・ハイリターンな金融商品

FXは日本語では外国為替証拠金取引といいます。何だか難しい用語ですが、端的にいえば、外国通貨の売買をレバレッジをかけて行えるというものです。

FX_image

レバレッジがあるとは、手持ち金額以上のお金を動かせることをいいます。

具体例で見てみますね。1ドル=100円のとき、1万ドルの円を買うには、本来なら100万円が必要です。しかし、レバレッジをかけることで、本来100万円の資金がなくても、より少ない資金で取引が可能になります。

具体的にはレバレッジ25倍であれば、100万円必要な資金が、25分の1、すなわち4万円あればよいということになります(国内のFXはレバレッジが25倍までに制限されています)。

少ない資金で大きなお金を動かせるということは、より大きなリターンを得られる可能性がある一方で、大きな損失をはらむ可能性があるということです。



FXは手持ち金額以上の損失を負うケースも...

もっとも、高いレバレッジだからといって、危険とは必ずしも限りません。基本的には、口座に入っている金額の中でしか、取引は行われません。つまり、為替変動により、口座の評価額が一定基準以下になれば、強制的に決済されます。

レバレッジが高くなれば、少しの為替変動があっただけで、強制的に決済されてしまうので、資金を失うリスクは高まりますが、だからといって手持ち金額以上の損失を負うわけではありません。

しかしながら、例外もあります。それは、相場が急変動したときです。2015年1月のスイスショックが典型例です。

swiss_image

ご存知の方も多いと思いますが、スイス中銀は、スイスフラン高になるのを防ぐため、1ユーロ=1.2スイスフランの水準を維持する、ユーロ買い・スイスフラン売りの為替介入を無制限に続けてきました。

中銀の買いがあることを後ろ盾に、個人投資家のなかでも、1ユーロ=1.2スイスフランが近づいたラインでユーロ買いを行い、実際にユーロ高・スイスフラン安となったところで買い戻して、利益を得る人がたくさんいました。

しかし、スイス中銀は、2015年1月、突如買い支えをやめることを発表し、一時1ユーロ=0.85スイスフランという水準まで、スイスフランが暴騰しました。日本円でいえば、1ドル=100円だったのが、一晩にして70円くらいになるといった具合です💦

本来なら、ある水準に来たところでロスカットがかかるはずなので、持ち金以上の損失は負わないはずです。しかし、このときは相場が急変動し、ロスカットが間に合わず、なかには何百万もの追証を求められた人がいたようです。

スイスショックは極端な例ですが、他の通貨ペアでも、相場が一瞬で一方向に動くフラッシュ・クラッシュと呼ばれる事態が頻発しています。ということは、突発的な値動きで、場合によっては手持ち金額以上のお金を失う可能性だってあります。

高いレバレッジをかければかけるほど、そうしたリスクは高まっていきます。



FXはマイナス・サムゲーム

この点については、別の記事で、以下のように書いています。

為替相場はいうなれば「通貨の交換」であり、需要(買いたいという欲求)と供給(売りたいという欲求)が釣り合ったところで価格が決まります。通貨は保有しているだけでは何の価値も生み出しませんから、その意味ではゼロサムゲームです。もっとも、FXの場合も、取引のたびに手数料がかかりますから、その意味ではマイナスサムゲームといえるでしょう。

なお、FXの取引手法としては、短期売買以外にも高金利通貨(トルコリラや南アフリカランドなどの新興国通貨)を長期保有して、スワップ(二国間の金利差から得られる収益)を稼ぐという方法があります。

これも個人的にはあまりオススメできません。というのも、高金利通貨というのは、長期的にみて通貨の価値が目減りしていく可能性が高いからです。

高金利通貨というのは、えてして物価上昇率も高くなっています。物価上昇率が高いと、人々はなるべくお金を早く使おうとします。ほうっておくと、お金がどんどん銀行から出ていってしまうので、金利を高くせざるをえない...といった具合です💧

物価上昇率が高いということは、同じお金で買えるモノの数が時間が経つにつれ、少なくなっていくわけですから、通貨の価値は一般的に時間と共に低下していくことになるからです。

FXで勝てるのは一握りの才能ある人だけ

確かに世の中にはFXの売買で何億円もの資産を築いた人もいます。しかし、基本的にFXの売買は今まで見てきたようにゼロサムゲームです。ということは、誰かが儲かっているその陰で大損している人がいるわけです。

私たちがいくら努力したからといって、オリンピック選手になったり、ましてはメダルを取ったりすることができないのと同じです。努力したからといって、FXで資産を増やして億トレーダーになれるのは本当の一握りだと思います。



余談ながら...〜私の失敗談〜

かつて、私がFXを勉強していたときに参考にしていた某トレーダーさんのブログがありました。そのブログは、FXのトレード手法とかを丁寧に解説していて、素直に好感を持ちました。

そのトレーダーさんはよく「自分はFXで利益をあげているけれど、孤独だから一緒に稼ぐ仲間を見つけたい」とおっしゃっていました。

どうしても、FXですと、すぐに教材への購入やセミナーの参加を促す人が多いなか、このトレーダーさんは毎週の相場解説とか、成功・失敗トレードとかを動画で丁寧に説明してくれたので、徐々に私の中での信頼感が芽生えていきました。

そして、1年ぐらいたった頃、そのトレーダーさんから、自身が半年もかけて編み出したという必勝法のFX商材が販売されました。大体15万円くらいでしょうか。

「このトレーダーさんなら信頼できる。本当に儲かるかどうかはわからないけど、もしかしたらこの15万円で自分の人生が変わるかもしれない」

そう思った私はこの教材を購入しました。この手法は、いうなれば「〇〇のところで買い、〇〇のところで売る」という、どちらかといえば、条件が揃ったところでエントリーする教材で、あまり裁量(自分での判断)が求められないものでした。

その手法をそのまま試してみると、みるみるうちに成果が出て、150万投資したお金は一時250万まで増えました✨

ほどなくして、そのトレーダーさんから、人工知能(AI)を搭載したことをうたった自動売買プログラム(運営は別の人です)の紹介もありました。こちらは大体25万円くらいです。ちょうど前の教材がいい結果を出していたこともあり、こちらも購入しました。

そのトレーダーさんは、AIを搭載した自動売買プログラムの運用実績をサイトで公開していました。私はそのプログラムで最終的に300万円の損失を出しましたが、そのトレーダーさんも最初は資産額100万円からのスタートで、含み損を考慮しない資産額は最大350万円まで増えていましたが、最終的には資産額を含み損が上回り、ロスカットされていました💧

そのトレーダーさんは、そのアカウントを閉鎖し、特にその件に関して何の説明もなく、何事もなかったかのように、別の商品を薦めていました。

そして、期を同じくして、私が最初に買った教材も、手法は変えていないのに、徐々に負けが増えてきて、気づけば一時250万まで膨らんだ資産が50万まで減ってしまいました。

それ以降、私はそのトレーダーさんが薦める商品を買うことはなく、FXからも足を洗いました。販売者を責めるつもりは全くありません。ただただ、自分が未熟だったと思います。

「勝ち組」トレーダーの手法を真似たからといって勝てるとは限らない

そのトレーダーさんが、大きく稼いでいる、いわば「勝ち組」のトレーダーさんだったかどうかは私には知る由もありません。

「勝ち組」のトレーダーと呼ばれるべき人は、たくさんの労力をかけて、自分なりの勝ちパターンを見つけ出しています。今思えば、そんな勝ちパターンの手法を、いくらお金を取っているとはいえど、「他人に公開するのか?」といわれれば、疑問符をつけざるを得ません。

百歩譲って、勝ちパターンを他人に公開するような人がいたとしても、その手法は、一応「〇〇したら買い」というルールはあるでしょうが、実際には完全にルール通りにやれば勝てるというものではなく、多分に裁量の要素が含まれるでしょう。

つまり、「勝ち組」トレーダーの勝ちパターンをそのまま真似たところで、細かい経験の差や判断の差が積み重なって、簡単には勝てない。結局は自分自身での試行錯誤が必要になると思います。

FXで億万長者となっている方もいらっしゃる以上、「FX自体が稼げない」とまではいいませんが、FXでなかなか勝てないからといって、FXの商材を買えば、稼げるようになるかといえば、かなり難しいというのが現状ではないでしょうか💦



まとめ

私も以前は「FXで億万長者になれたらいいな」という夢を見ていました。しかし、3年半勉強しても、思うように芽が出ず、自分には才能がないことを自覚し、断念しました。

もしかしたら、自分には努力が足りなかったのかもしれません。でも、やっぱりFXは「誰かの利益が誰かの損失」になるゲームですから、勝てる人はごく少数なんじゃないかなって思います💧

ただ、FXを全く触れないというのはそれはそれでもったいないのかもしれません。もしかしたら、貴方はFXで成功できる才能と努力が備わっているのかもしれないのですから...✨

この記事をシェアする♪

-投資スタイル

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.