ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア・FIREを目指します♪

投資雑感

準富裕層に「瞬間風速」で到達しました♪

投稿日:

ゆーたんです。

4/21付で、資産総額が「瞬間風速」で5,000万円を超えました✨(最終的に株価は下落してしまいましたし、22日も続落したので、すぐに陥落してしまいましたけれど💧)

2021年末に資産が4,000万円を超えたことで、ぼんやりと資産5,000万円は見えていましたが、あと1年くらいかかるかなとは思っていたので、こんなに早く達成できるなんて思っていませんでした。

現在は準富裕層から陥落してしまいましたが(笑)、せっかくなので、ここまでの過程を振り返ってみようと思います。

分厚かった資産額「2,000万円の壁」

私は長らく資産額「2,000万円の壁」に苦しめられてきました。奇しくも、2,000万円というのは、2019年の報告書を受けて、「老後の生活のために必要な額」とメディアで報じられた水準です。

初めて資産2,000万円を達成したのは、FXの自動売買ソフトで大きな利益が出た2017年でした。

しかし、そこからは苦しかったです。翌18年にFXの自動売買ソフトで400万円の損失を出してから、本格的に米国株投資に転換したのですが、2,000万円の道はなかなか遠くて...

そこから何とか持ち直し、2019年12月には2,300万円台まで増えて「2,000万円の壁」を超えたかと思っていたところに、コロナショックがやってきました。エネルギー株や高配当株ETFのSPYDの暴落もあって、2020年3月23日時点(コロナショック最安値)では資産額は1,450万まで減少し、700万円近くの含み損を抱えてしまいました(´・ω・`)

その後も高配当株はなかなか回復が鈍くて、2020年6〜10月ごろは2,000万円をやや超える水準で横ばいで推移していました。

潮目が変わったのは、ワクチンの開発成功が明らかになった2020年11月ですね。12月には、資産2,500万円を超えて、ようやく「2,000万円の壁」を超えられたと実感できるようになりました(この壁を超えるのに、3年もの時間がかかってしまいましたが...💧)

壁を突破してからはみるみるうちに資産が…

2020年12月以降、コロナ禍から経済が回復するにつれ、高配当株のパフォーマンスも大きく向上しました。そして私は資産のほぼ全てを外貨にしていたこともあって、株高と円安の両輪でみるみるうちに資産が増加していきました。以下が初めてその資産額を達成したときの年月です。

資産2,500万円:2020/12
資産3,000万円:2021/3
資産3,500万円:2021/8
資産4,000万円:2021/12
資産4,500万円:2022/3
資産5,000万円:2022/4

グラフ化すると、こんな感じの推移になっています。資産3,000万円→資産4,000万円は9か月かかりましたが、資産4,000万円→資産5,000万円は、わずか4か月しかかかっていません。

直近で円安がかなり進行しているので、ドル建てでも計測してみました。円建てほどではありませんが、資産形成スピードは加速しています。資産を20→25万ドルに増やすのは1年かかりましたが、25→30万ドルは5か月、30→35万ドルも7か月と短くなっています。

資産20万ドル:2019/12
資産25万ドル:2020/12
資産30万ドル:2021/5
資産35万ドル:2021/12


資産は増えどもお金の使い方は変わらず…

コロナショック前から現在に至るまで、資産は大きく増えていますが、お金の使い方は変わっていません。むしろケチになっている気すらします。

普段の生活費を除くと、私が一番お金を使っているのは、旅行✈️でして、かつては年間50万以上を使っていました。

最近は、コロナ禍で海外旅行が難しくなったこともあって、国内旅行の回数を増やしてきました。最初の頃は奮発して1泊3万円以上の高級宿に泊まったこともありましたが...正直、1回泊まれば「もういいかな」って満足してしまいます。

経済学で「限界効用逓減の法則」というのがあります。例えば、2つ目のケーキ🍰を食べた時の効用(=満足度)は、1つ目のケーキ🍰より効用が下がります。それと同じですね。

国内旅行で高級宿に泊まった経験がそれまではあまりなかったので、高級宿の設備(露天風呂付き客室etc)や美味しそうな料理を見ては、「一度でいいから泊まってみたい」と思ったものです。

もっとも、何回か高級宿に宿泊していると、だいたいこのくらいお金を出せば、このくらいのサービス・設備が受けられるというレベルが分かってきます。先ほどの「限界効用逓減の法則」もあって、1泊のために何万円も払うのがもったいなく感じてきます...「最悪睡眠できるだけの環境が確保できるならいいや」というふうになってしまっています笑

日常生活でもすごく節約しているわけではないのですが、例えば、日々の移動も、1駅くらいでしたら、電車を使わずに歩くようにしています(健康のためにもなる!)。普段から歩いて運動していれば、ジムとかに行く必要もないかなって。

コンビニもほとんど寄らなくなり、お菓子もだいぶ我慢できるようになってきました。お金を比較的使っているのは、美容院(2か月に6,000円程度)とお昼のランチ(毎日1,000円くらい)ですかね💧

資産額は増えていますが、将来のことはわからない(日本でもインフレの兆候がみられている、最悪の場合は財産税なんてこともあるかもしれない)ですし、生活レベルを上げるのがすごく怖いです。

とはいえ、お金は墓場までは持っては行けません。それに自分が払ったお金は、めぐりめぐって、そこで働く人の所得になるのだから、お金を使わなさすぎると、経済が死んでしまいます。納得したモノ・サービスにはしっかりお金を払っていきたいと考えています。



あとがき


(Featured image by:Shutterstock)

自分の想定以上の速度で資産が増加していますが、正直実感は全然なくて。単なる8桁の数字でしかないって感じです。

コロナショックで一時的に大きな含み損を抱えたとはいえ、その後の資産の伸びは正直出来すぎであると考えていて、ある程度の反動が来ることも覚悟してます。

ただ、一つ言えるのは、一時的に大きな含み損を抱えたとしても、とにかく諦めずに投資を続けていけば、いつかは道が開けることでしょうか。

S&P 500のような、パッシブ(インデックス)投資など、適切な金融商品を選択すれば、多少の変動こそあれど、徐々にお金は増えていくはずです。

私は間違えた投資をしてしまい、資産「2,000万円の壁」に苦しめられ、だいぶ足踏みをしましたが、それでも資産が2,500万円を超えたあたりからは、一気に視界が開けてきました。

もっとも現在の資産額は、円安にかなり助けられているところもあります。これからも航路を守って投資を続けていくことで、ドル建てでも資産50万ドルを目指したいですね✨

この記事をシェアする♪

-投資雑感

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.