ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

決算・関連ニュース

【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価急落を考える~ベビーパウダー問題は長期化の恐れ~

投稿日:

ゆーたんです♪

今週の米国株ですが、保有株の中では、ジョンソン・エンド・ジョンソン(ティッカー:JNJ)の第3四半期決算が発表されました。決算が好調と喜んでいたのもつかの間、いわゆる「ベビーパウダー問題」に関するニュースをきっかけに株価が前日比で6%以上下落しました。

BabyPowder_image

今日は、第3四半期決算とこの問題について、自分なりに思うことを書いてみますね。

もし、まだ銘柄分析を見てないよって方がいらっしゃったら、先に見ていただくことで理解が深まると思います♪

第3四半期決算ハイライト

2019 2018 前年比
収益(売上高) 207億ドル 203億ドル +1.9%
EPS 1.81ドル 1.44ドル +25.7%
調整後EPS 2.12ドル 2.05ドル +3.4%

ジョンソン・エンド・ジョンソンの第3四半期の収益は201億ドル前後、調整後EPSは2.01ドル前後と予想されていました。結果的にはいずれも予想を上回っていますね✨

収益は医療機器部門が3.1%減ですが、消費者向け製品部門が1.6%増、そして主力の医薬品部門が5.1%増と業績を牽引しました。もっとも、医療機器部門についても、買収や売却、為替変動の影響を除くと、5.3%の増収になるので、心配はいらないと思います。

好調な業績を反映して、ジョンソン・エンド・ジョンソンは2019年の収益見通しをこれまでの808~816億ドルから818~823億ドル、調整後EPSの見通しを8.53ドル~8.63ドルから8.62ドル~8.67ドルへと引き上げています。

高配当株投資をするうえで、最も重要な点は「配当金の支払いが続けられるか?」という点だと思います。現在の配当金は四半期当たり0.95ドル、年間で3.80ドルです。第3四半期までのEPSは5.28ドルなので、現時点の配当性向は54%程度とまだまだ余裕があります。配当金支払いには全く問題ない水準ですね✨



燻り続けるベビーパウダー問題

ジョンソン・エンド・ジョンソンの業績については、特に懸念すべき材料はありません。ただ、心配なのは、ベビーパウダー問題ですね。原料である滑石(タルク)に、発がん性物質でもあるアスベストが含まれる可能性が指摘されています。この件をめぐって、JNJは1万件以上の訴訟に直面しています。

ベビーパウダー問題が報道されるたびに、ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価は下げてきました。2019年10月18日には、ベビーパウダーから微量のアスベストが検出されたことを、アメリカのFDA(食品医薬品局)が発表したことを受けて、株価が6%以上下落しています。

そもそも検査対象となったサンプルそれ自体に問題があった可能性も否定できないとしつつ、JNJは「十分用心して」自主回収を始めています。この対応自体は素晴らしいことです。

しかし、以下のプレスリリースにもある通り、タルクの安全性は主張し続けています。今までのFDAの調査でも、アスベストは見つかっていないし、過去40年間に数千件のテストを繰り返したときも、そうだったことを強調していますね。

もともとJNJの消費者向け製品が収益に占める割合は2割弱です。その中でも、ベビーパウダーなどベビーケア製品、それ自体の売り上げがJNJの業績に与える影響は2%程度しかありません。そうした理由から「大して影響はないのでは?」という声もあります。

しかし、私が懸念しているのは、銘柄分析でも書いたように、この問題は、収益や訴訟の賠償額という金銭的なものにとどまらず企業のブランドイメージという無形の資産に大きな傷跡を残す可能性があるということです。もし、昨年の報道にもあったように、ベビーパウダーからアスベストが検出されたことを会社が以前から認識していたことが本当に事実だったとすれば…株主としては考えたくもないですね💧



ジョンソン・エンド・ジョンソンへの投資を続けるか?

ホールドします。売ることはしませんが、今のところ買いを入れる予定はありません。

私の保有比率はわずか0.7%ですが、ETF保有分も入れれば2%超を保有している計算になります。配当利回りは2.98%(2019/10/18現在)と歴史的には高水準ですが、①まだ含み益があること、②ベビーパウダー問題はさらに長期化する可能性があること、③セミリタイアを目指すうえで、配当金利回りを少しでも高めたい、以上の3点から、もう少し様子を見たいと思っています。

JNJの株価は127.7ドル(2019/10/18現在)で調整後EPSで見たPERは14.8倍です。S&P 500の予想PERは18.6倍ですから、その水準と比較しても割安です。そして、調整後EPSは、直近10年平均で6%強のペースで成長を続けています。机上の空論ではありますが、10年保有すれば、調整後EPSは1.8倍となり、PERが同水準なら株価も1.8倍になる、つまり230ドルくらいまで上昇していくことになります。

着実に利益を伸ばしている企業がこれだけ割安な水準で買えるのは、もちろんベビーパウダー問題をはじめとする様々なリスクがあるからです。

ベビーパウダー問題は会社は一貫して否定しているだけに、中々解決への道筋が見えない状況です。訴訟が和解に向かって終結するには相当の時間を要するでしょう。弱小ながらひとりの株主として、私の心配が杞憂に終わることをもちろん祈っていますが、このベビーパウダー問題は長期化、今後も燻り続ける可能性が高いと個人的には考えています。

もう少し下値を探るようなことがあれば拾いたいですが、結果的に株価が上昇しても、それは保有しているVYMを通じてその恩恵は十分得られるので、この先どう動いても、狼狽することなく対応していければと思っています✨

この記事をシェアする♪

-決算・関連ニュース

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.