ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

投資の考え方

ESG投資について考える〜個人投資家のとるべき行動は?〜

投稿日:

ゆーたんです♪

エネルギー株やたばこ株は、高配当株投資の代表格であり、私のポートフォリオでも主力になっています。よく高配当株は「不人気株」とも称されますが、エネルギー株やたばこ株がなぜ高配当か、そのキーポイントがESG投資です。

銘柄分析記事でも書いてきましたが、今日は、改めてESG投資について独立した記事を書きますね✨

そもそもESG投資とは?

ESG_image

ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance、企業統治)の頭文字をとった造語です。つまり、ESG投資とは、環境、社会、ガバナンスの観点から、企業に投資していくことを指しています✨



ESG投資にもさまざまな種類がある

ここからは、ESG投資を推進する国際組織であるGSIA(The Global Sustainable Investment Alliance)が、2年に1回発行している報告書から、読み解いてみますね。

上記報告書によれば、ESG投資にも七つの類型があるということです。以下、金額の大きい順にご紹介しますね。

1.ネガティブ・スクリーニング
ESGの観点に照らして問題のある銘柄・セクターを投資対象から除外する投資手法です。一般には、エネルギー(石炭・石油・ガスなどの化石燃料)、たばこ、ギャンブル、軍事関連産業などが含まれます。最も広く普及しています。

2.ESGインテグレーション
財務分析だけではなくて、ESGの観点からも分析して、投資対象を決める投資手法です。つまり、いくら業績が良くても、ESGの指標が悪い場合は、投資対象にならないケースもあるということです。近年、急速に普及してきています。

3.議決権行使・エンゲージメント
企業の所有者である株主としての立場を利用する形で、議決権行使などの手段を通じて、取締役会などの経営陣に対して、ESGの指標改善をはたらきかけていく投資手法です。

4.規範に基づいたスクリーニング
OECD、ILO、国連、UNICEFなどの国際機関が定めているESG関連の基準に達しない企業を除外する投資手法です。

5.ポジティブ・スクリーニング
ESGの観点から評価が高い企業やセクター、プロジェクトを投資対象とする投資手法です。

6.サステナビリティテーマ投資
環境技術、クリーンエネルギー、農業技術など、持続可能性に特に関連するテーマや資産を投資対象とする投資手法です。

7.インパクト投資
社会・環境問題の解決や地域の開発を目的に行う投資手法です。あまり資金がいきわたらない小規模の企業への投資がメインです。

この中では、ネガティブ・スクリーニングの投資金額が群を抜いています。ESGインテグレーションも増えていて、ネガティブ・スクリーニングを逆転しそうな勢いです。議決権行使・エンゲージメントはネガティブ・スクリーニングの半分程度、規範に基づいたスクリーニングは4分の1程度です。

ポジティブ・スクリーニングより下の三つはまだまだ投資金額は小さくなっています。



ESG投資に関するデータ

ESG投資額の推移

ESG_Investment2014-18

ESG投資額は順調に増えています。投資額は30兆ドルを超えていて、2016年から18年までの伸び率は+34.0%でした。つまり年平均で+15.7%は成長していることになりますね✨

ESG投資を推進している国際組織が出しているデータであることを割り引いたとしても、ESG投資が急速に普及していることは間違いないでしょう。

ESG投資が占める割合

ESG_Percentage

もともとESG投資が普及していたヨーロッパの割合がやや低下していますが、最大の株式市場であるアメリカの割合が上昇していることもあって、全世界で見たESG投資の割合も上昇してきています。2018年時点では約3分の1がESG投資になっていますね✨

ESG投資の今後はどうなる?

将来は不確実ではありますが、ESG投資の流れは今後も加速していくでしょう

ガバナンス(企業統治)の良し悪しをどう判断するのかというのは難しいと思いますが、環境・社会は比較的わかりやすいですね。私が選好しているエネルギー株は環境の観点から、そしてたばこ株は社会の観点から、真っ先に投資対象から外れるセクター・銘柄になるでしょう。

個人投資家において、ESG投資を意識している人はさほど多くないかもしれませんが、銀行や保険会社などの金融機関、年金基金といった機関投資家は続々とESG投資に舵を切り始めていて、ESGの観点で問題のある企業に対する投資を取りやめるダイベストメント(投資撤退)の動きもみられます。

日本の公的年金を運用するGPIFも2017年に投資原則を改め、ESGの要素を考慮した投資を盛り込んでいます。

機関投資家が運用する資金は巨額です。その資金が流れ込まないということは、需要と供給の関係で考えれば、買い手が少なくなるわけですから、当然、株価にはマイナスには働くこととなります。



個人投資家が採るべき戦略は?

これだけESG投資が普及する今日においては、「高配当だけれど、ESGの観点で問題のあるエネルギー株やたばこ株には投資しないほうがよいの?」って考える方も多いかもしれません。

値上がり益(キャピタル・ゲイン)を期待するのであれば、投資しないほうが良いかと思いますが、配当所得(インカム・ゲイン)めあてであれば、リスクを背負ってでも投資する価値はあるように思います。あくまで一個人の見解ですが、以下、その理由を述べますね。

①化石燃料、たばこ、ギャンブル等の需要はそう簡単になくならない

将来的には議決権行使・エンゲージメントタイプの投資手法が普及していく可能性がある

①の化石燃料については、この前に書いた石油・ガス需要の見通しに関する記事を見ていただければと思います。

たばこに関しては、需要は年々減少しているものの、中毒性があり、価格を引き上げても、消費者がなかなか離れられないという意味で美味しいビジネスです。ギャンブルも人間の本能に働きかけるという意味では、なくならないでしょう。

繰り返しになりますが、自分が生きている間に、たばこや化石燃料、ギャンブルといった産業がなくなってしまうことは考えにくいです。

ここでは、主に、②について、書いてみますね。

現在は、ネガティブ・スクリーニングやESGインテグレーションという投資手法が普及していて、環境・社会に悪影響を及ぼす企業は投資対象から外れています。今後、ますますESG投資の普及が進めば、こうした企業の株価は割安のまま据え置かれることになりますが、そこを狙って投資してくる機関投資家やファンドも確実に出てくるでしょう。

そして、こうした企業に対して、ESGの指標改善を働きかけていく(例えば、石油・ガス産業なら、再生可能エネルギーへの投資を増やし、石油・ガスへの新規投資を少なくするように圧力をかける。たばこ産業は難しいですが...健康被害が少ないたばこの開発等でしょうか)。これもESG投資の一つですからね。

ダイベストメントの動きが続くなかで、そうした企業に投資して圧力をかけつつ、ESGの観点で受け入れられるような事業構造に転換するきっかけを作れれば、株価の上昇も期待できますし、ESGの観点も満たせる。一石二鳥だと思います。



あとがき

エネルギー株やたばこ株は、ESG投資の標的になりやすく、上値の重い動きが当分続くと思います。

2019年のたばこ株でみられたように、配当利回りが8%の高水準まで来れば、配当狙いでの買いも積極的に入るでしょうが...減配して利回りが下がる場合はあれど、利回りが3%前後の水準にまで株価が上がることは考えにくいです。

日本の商社株や銀行株と一緒で、利回りは高いけれど、株価が上がらず、万年PER(株価収益率)が低いという状態になるのではないでしょうか。配当目当ての投資家にとって、ある意味魅力的ですよね。

とはいっても、市場が今後シュリンク(縮小)していくことは避けられないでしょう。だからこそ、分散投資を心がける(一つの銘柄、セクターに入れ込みすぎない)、②同業種のなかでも業界トップの企業に投資する(最終的に生き残る可能性が高い)、③なるべく引きつけて買う、この3点を忘れないようにしたいですね✨

この記事をシェアする♪

-投資の考え方

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.