ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪

米国株(アメリカ株)中心の高配当株式投資で経済的自由・セミリタイア(FIRE)を目指す、一人の女性の物語♪

投資の考え方

配当金投資の出口戦略をどう考えるか~金の卵を産む「株式」を大切にしたい~

投稿日:

ゆーたんです♪

投資というのは、人生を豊かに過ごすため、お金に不自由しない生活をおくるための手段であると私は考えています。年齢が上がるにつれて、例えば、株式を売って一部を現金化するだとか、あるいは株式の比率を落として債券の比率を増やすなどの、出口戦略を考えていかなければなりません。

ここでは、配当金投資の出口戦略について、私なりの考えを書いてみますね。

保有資産を売るのか、売らないのか

分配金が出ない投資信託に投資している投資家さんであれば、老後は、基本的に保有資産を取り崩して生活することになります。前にも少し書きましたが、昨年末に楽天証券でも、投資信託を定期売却するサービスが始まりましたので、より計画的な取り崩しが可能になっています✨

また、S&P 500など市場平均に連動するETFなどを買い付けている投資家さんもいることと思います。ただし、S&P 500の配当利回りは1.68%(2020/2/21現在)であり、配当金生活をするにはちょっと心許ないです。

よほどの資産額(最低1億〜?)がなければ、基本的には、保有資産を取り崩して生活する形になるでしょうか。

一方、配当金投資の場合は、どうでしょうか。

配当金投資は、言うまでもなく、株式の保有を通じて、企業が得た利益の一部を配当金という形で受け取ることをメインに据える投資手法です。この場合は、老後に必要な資金の一部(もしくは全部)を配当金収入で賄うことを想定していると思いますので、配当金を生み出すもととなる株式を保有し続けることを想定している人が多いのではないでしょうか。

お金は墓場までもっていけませんから、子孫への相続等を考えなければ、死ぬまでに資産を使い切ることが理想ではあります。

しかし、人間はいつまで生きるのか、死ぬのか、わかりません。もしかしたら、早く亡くなってしまうかもしれないし、あるいは逆に100歳、あるいはその先まで生きるかもしれない。

ましては、日本においては、今後、年金の支給額が下がっていく可能性が高く、老後でもある程度の備えをしていなければ不測の事態を乗り越えることができません。そうした側面も考えると、死ぬまでに資産を使い切るというのは、現実的には難しいことかもしれません💦

私の配当金投資の出口戦略~長期保有。なるべく売らない~

今月はかなりポートフォリオを組み替えているので、もしかしたら頻繁に売買する投資家のイメージがついてしまっているかもしれませんが(笑)、個別株については、買いこそすれど、実は全然売ってません

確かに日本株の購入と売却はありましたが、米国株は、長期保有できるだけの有望な投資先だと考えていて、利益確定のためにAppleを売却したことを除けば、売却はしていません。一時売却を考えたスリーエム(3M)も銘柄分析をする中で、改めて思い直して、買い増しています

無配転落や大幅な減配などといった状況にでもなれば話はまた変わってきますが、現在保有している米国株については、ポートフォリオのバランスを調整するために、特に成長株の場合は利益を確定するために、一部売却をすることはあれど、売ることまでは今のところ考えていません。

よく配当をもらっていても、株価が下がっては意味がないともいわれますが、(個人的には)近い将来の現金化を想定していないので、それほど気にはならないです。増配が毎年続いていれば(もしくは配当が維持されていれば)、一時的に株価が下げることはあっても、最終的には落ち着くべきところに落ち着くと思うからです。

もちろん配当の削減は痛手にはなりますが、一つの会社に依存しすぎないように分散をしていますし、それに、私が個別株で投資している会社のほとんどは、それこそ何十年、へたしたら100年以上、投資家に配当を支払い続けてきた企業ばかりなので、苦境があってもうまく乗り越えてくれるだろうと信じています。

極端な話、自分が投資している間、無配に転落することなく、安定した配当を支払ってくれれば、望むならば毎年少しずつでも配当を安定して支払ってくれるならば、何もいうことはありません。

あとがき

Dividend_Golden_Egg

私はもちろん配当金投資に軸足を置いていますが、完全なインカムゲイン狙いというわけではなくて、それなりにキャピタルゲインも狙っています。

そのあかしとして、高配当・高分配ETFだけれど、リターンが望めなかったり、経費率が高かったりするものは、基本的にはポートフォリオに組み入れていません。

また、現在は配当金投資に軸足を置いていますが、日々の生活を十分賄えるだけの配当金が確保できれば、安定した配当収入を支えにして、少しずつキャピタルゲイン狙いの成長株投資を行っていきたいかなとも思っています。年間100万円の配当収入が当面の目標になりますね。

新型コロナウイルスの影響で、世界経済の先行きは不透明感が増しています。株価も2日連続できつい下げとなりました。

かなりの株が買いたい水準まで下落していますが、まだまだ感染が広がっていくなかで、さらに株価は下がっていく可能性があるだろう(特にアメリカで本格的な流行となった場合)と考えているので、しばらくは様子見になりそうです。引き続き、(割安だろうと考えられる)株への投資を続けていく所存です✨

この記事をシェアする♪

-投資の考え方

Copyright© ゆーたん@東大卒のセミリタイア物語♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.